top of page

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします!


昨年PICOPICOSOFTは何をがんばっていたか……は、昨年12月のCi-en記事に、

今年PICOPICOSOFTは何をがんばっていくか……は、今月下旬投稿予定のCi-en記事に、


それぞれがっつり書いていくので、ここでだけ書けるネタがほとんどありません。

要約すると「去年も今年も『ふたりぐらし』製作がんばっていくぞー! オー!」です。


すべてのテキストぢからを『ふたりぐらし』に注ぎ込んでいるため、

他の場面で文章をものする余力が残らない日が多くなりがちです。

MPみたいなものでしょうか。


  ◆  ◆  ◆


そうそう、昨年末発売された『シビトマギレ』を年をまたぎながらもプレイ&クリアしました。

過去作『死印』のときから楽しんでいる待望のホラーゲームシリーズ新作でした。


そのちょっと前にSwitchのリメイク版『コープスパーティー』もプレイしており

この秋~冬はホラゲ経験値をためた時期ですね。


『ふたりぐらし』とはぜんぜん方向性が違うテキスト/作風ということもあって

頭を休める意味でもすごく相性がよかったのだと思います。



どちらもホラゲ大好きなフニから強烈なプッシュを受けて遊びはじめたものでして、

代わりとばかりに自分は『ファイアーエムブレム封印の剣』をすすめたりもしていました。



もともと自分がコソコソとウディタでSRPGを作っていて(立ち絵は友人につけてもらっていましたが)、

それをフニに見せたのがきっかけで「じゃあウチ(ピコソフ)で短編、いっしょにやってみる?」と

誘われたらアレよアレよとおおごとになっていたのが『シュヴァリエ・ヒストリエ』なので。



フニも自分もロールプレイングゲームは雑食で広く好むのですが、

なかでもホラゲとSRPGには熱意がある点も趣味の重なるところでして、

この2ジャンルにもいずれ挑戦してみたいねーなどと、ときどき雑談が盛り上がることもあるのでした。



とはいえ、ピコソフメンバーはふたりともそんなに器用ではないので

まずは現在制作中の『ふたりぐらし』に全力投球……ですね!

最新記事

すべて表示

い~つまでも~たえる~ことなく~

こんにちは、どにちです。 小学生の時は1つ2つ上の学年の先輩たちがとても大人に思えました。 20代、30代とさらに上の年齢の大人たちは、もっともっと成熟した人たちなのだと思っていました。 いざ自分がそういう年齢になってみると、子供の時とあんまりメンタリティは変わった気がしないものでした。 そういうわけで、今の自分から見ても50代とか60代というのはとても大人に感じられるのですが、なってみればやっぱ

今年はやくも神ゲーに出会う

こんにちは、どにちです。 ふたりぐらしでパイロット版を出すべく2~3月は猛烈集中期間でした。 それも一区切りがついた際、メンバーそれぞれが「とっておいたんだ」と遊びはじめたゲームが示し合わせたようにどれもユニコーンオーバーロードでした。 うーん、シンクロニティ。 でも実はこれ、シンクロでもなんでもなく、単純にすばらしいゲームだからみんなが遊んでるということなんですよね。 おもしれぇ……おもしれぇこ

Comments


bottom of page