top of page

書く欲、読む欲

こんにちは、どにちです。

北海道でもめちゃ暑くなってきました。


こうなるとインドア派の自分も活動的になるもので、

資料本探しに街へ出かけたりが躊躇なく出来るようになりました。


 ◆ ◆ ◆


制作中の『ふたりぐらし』も順調に進んでいます。

主担当テキストのどにちの作業も順調すぎるあまり、

自分が日々いったい何文字、何KBを生産しているか把握できません。



2022年12月の記事でも、

「前作シュヴァヒスで、シナリオの生テキスト部分を自分が何文字かいたかわからない……」

と書いていました。


次(ふたりぐらし)はそのあたりどうにかできる仕組みを考えたい……と思いつつ、

やっぱり、生テキスト単独で保管するようなこともなく、

書きあがったテキストはすぐにスクリプトも書き込んでしまいます。


そうしないと書きながら考えていたゲーム上の演出意図を忘れてしまうので……。

(ここで表情がこう変わる、こういうSEが鳴る、暗転する等々)




今回はシステム担当を別の方にお願いしていることもあって、

シナリオのわきには、「~~なシステム、変数の管理をしてください」と

コメントアウトで書き添えます。

これも、誤解が起こらないような書き方を、と思うと結構な文字数に。


そうやっていざ実装されたものをみると、

プレイ感を調整するために文脈が変わらないようにしつつも、

台詞を1クリック単位で増やしたり減らしたり。



ということで、やっぱり生テキストだけ手元に残すことはむずかしいし、

残していても実装後に加筆修正して変わってきてしまうものでした。



作っているのはゲームですし、書いた文字数にはやっぱりあんまり意味がありません。

体験としておもしろければいいわけですし、

「同じコマンドを実行してもランダムで出てくるテキスト(台詞)のパターンが膨大にある、ダブりにくいのがおもしろい!」

といった遊びであれば、書いた量と読まれる量には乖離が出てきますが、

まあ、それでいいのでしょう。


便宜上ライターを名乗っていますが、

自分が字書きや作家だという感じがしないのも

そういう考えが背景にあるからかもしれないなー、とふと思いました。


 ◆ ◆ ◆


……とかなんとかやっている内に、

桜井政博さんのタメになるYoutube動画も未視聴ぶんが溜まってきました。


どこかでエイヤと集中的に視聴したいですね。



任天堂ホームページの「社長が訊く」も読み返したい。

一度ぜんぶ読んだのですが、時間が経って大部分を忘れてしまいました。

再読すれば、当時以上の感動と至福が得られるはず……。

最新記事

すべて表示

satori...

基本インドア派のどにちです。 日がなモニタに向かってキーボードをカタカタやるばかりなのですが、2023年は色々とご縁がありまして何度か東京へ行ってさまざまな方とご挨拶したりお食事したりの機会があり、大変おおくの刺激を受けました。 ありがたい! 誰に何を言われるでもなく、人様に自分の考えを話すだけでも「あっ、自分ってこうなんだ」「自分ってこういう考え方をするんだ」などの自覚が進みまして…… はやい話

2月ですが

2024年の2月ですが、2023年のどにちの振り返りをします。 前回記事は年始のあいさつでしたしね。 私淑する作家さんは数多いらっしゃいます。 そのおひとり、奈須きのこ先生のブログ「竹箒」では多忙を極める中でも様々な漫画アニメゲームに触れていることがわかり、平身低頭の思いです。 インプットがなければアウトプットはできないと言いますが、インプットするにも気力体力が要るものです。お風呂と同じで、はじめ

Comments


bottom of page