top of page

生涯生産数

こんにちは、どにちです。

前回の記事から現在までの間に岸辺露伴、スパイダーバース、フラッシュと

おもしろ映画が続いてホクホクです。


 ◆ ◆ ◆


自分たちPICOPICOSOFTはあと何本のゲームを作れるだろうか。


年に1,2回、フニとそういった話をすることがあります。

少なくとも確実なのは、「構想のすべてを形にすることは不可能」ということです。



「つぎは1年もかけずにサクッと作れるゲームをやってみよう」と

話すこともあるのですが、凝り性というか、

『シュヴァリエ・ヒストリエ』がそうだったように、

「そのコンセプトであれば、こういう遊びを欠かすことはできないだろう」と

互いに案を出し合い、どうしても企画はふくらんでいきます。


すると、どうしたってゲーム1本つくるのに3年とか経ってしまう。



単純計算、ゲーム10本つくろうとしたら30年! です。

そんな遠い将来のことはちょっと予想もつきません。



どっちにしてもPICOPICOSOFTはゲーム作りを趣味とする連中の集まりなので、

「1本つくるのに5年や6年」とペースがゆるやかになってでも

盆栽いじりのようにずっと続けているのかもしれません。


そうだといいなぁ。

最新記事

すべて表示

い~つまでも~たえる~ことなく~

こんにちは、どにちです。 小学生の時は1つ2つ上の学年の先輩たちがとても大人に思えました。 20代、30代とさらに上の年齢の大人たちは、もっともっと成熟した人たちなのだと思っていました。 いざ自分がそういう年齢になってみると、子供の時とあんまりメンタリティは変わった気がしないものでした。 そういうわけで、今の自分から見ても50代とか60代というのはとても大人に感じられるのですが、なってみればやっぱ

今年はやくも神ゲーに出会う

こんにちは、どにちです。 ふたりぐらしでパイロット版を出すべく2~3月は猛烈集中期間でした。 それも一区切りがついた際、メンバーそれぞれが「とっておいたんだ」と遊びはじめたゲームが示し合わせたようにどれもユニコーンオーバーロードでした。 うーん、シンクロニティ。 でも実はこれ、シンクロでもなんでもなく、単純にすばらしいゲームだからみんなが遊んでるということなんですよね。 おもしれぇ……おもしれぇこ

Comments


bottom of page