top of page

生涯生産数

こんにちは、どにちです。

前回の記事から現在までの間に岸辺露伴、スパイダーバース、フラッシュと

おもしろ映画が続いてホクホクです。


 ◆ ◆ ◆


自分たちPICOPICOSOFTはあと何本のゲームを作れるだろうか。


年に1,2回、フニとそういった話をすることがあります。

少なくとも確実なのは、「構想のすべてを形にすることは不可能」ということです。



「つぎは1年もかけずにサクッと作れるゲームをやってみよう」と

話すこともあるのですが、凝り性というか、

『シュヴァリエ・ヒストリエ』がそうだったように、

「そのコンセプトであれば、こういう遊びを欠かすことはできないだろう」と

互いに案を出し合い、どうしても企画はふくらんでいきます。


すると、どうしたってゲーム1本つくるのに3年とか経ってしまう。



単純計算、ゲーム10本つくろうとしたら30年! です。

そんな遠い将来のことはちょっと予想もつきません。



どっちにしてもPICOPICOSOFTはゲーム作りを趣味とする連中の集まりなので、

「1本つくるのに5年や6年」とペースがゆるやかになってでも

盆栽いじりのようにずっと続けているのかもしれません。


そうだといいなぁ。

最新記事

すべて表示

satori...

基本インドア派のどにちです。 日がなモニタに向かってキーボードをカタカタやるばかりなのですが、2023年は色々とご縁がありまして何度か東京へ行ってさまざまな方とご挨拶したりお食事したりの機会があり、大変おおくの刺激を受けました。 ありがたい! 誰に何を言われるでもなく、人様に自分の考えを話すだけでも「あっ、自分ってこうなんだ」「自分ってこういう考え方をするんだ」などの自覚が進みまして…… はやい話

2月ですが

2024年の2月ですが、2023年のどにちの振り返りをします。 前回記事は年始のあいさつでしたしね。 私淑する作家さんは数多いらっしゃいます。 そのおひとり、奈須きのこ先生のブログ「竹箒」では多忙を極める中でも様々な漫画アニメゲームに触れていることがわかり、平身低頭の思いです。 インプットがなければアウトプットはできないと言いますが、インプットするにも気力体力が要るものです。お風呂と同じで、はじめ

謹賀新年

あけましておめでとうございます。どにちです。 Ci-en記事は制作の月報であるのに対して、ここの記事はスタッフのボヤきみたいなもののため 速報性とか季節感とかは薄くて良いみたいなところがあります。 要するにこのブログの記事は、どにちのブログパワーが溜まった時に エイヤと書き溜めてから予約投稿していることが多いのです。 この文章を実際に書いているどにちはまだ去年の時空に居ながら 「あけましておめでと

bottom of page