top of page

GWですね~

こんにちは、どにちです。

自分はゲーム制作が趣味なので連休中も家事等々の合間を縫っては

作業していければな~と思っています。


とはいえ、アウトプットばかりでも涸れてしまうし

インプットもがんばりたいところ。

先日ちょっと用事があって東京に参りまして、

いろいろな人にご挨拶をし、たくさんの刺激を受けてきて、

「外から刺激をもらうこと」の重要性を改めて感じたのでした。



移動時間ではkindleで前から気になっていたマンガを一気読み。

宇宙兄弟、ブルーロック、アオアシ、、チェイサーゲーム……などなど。

これもやはり脳にビビビとキている気がします。



◆  ◆  ◆



くしくも上で列挙したマンガはいずれも「人とのかかわり方」において、

コミュニケーションや言語化を重視した物語でした。

新しい人、新しい関係で得られる刺激も一種その「言語化」だなぁ~とも。


自分はこういう人間ですと自己紹介したり、

あるいは相手にあなたはこういう感じなんですね、と言われたり、

それらの逆パターンで相手のことが深くわかったり。




思えば前作『シュヴァリエ・ヒストリエ』のときも、初めて組んだフニから

「これはこういうふうにしてください」、「これはこういうふうにしたいです」と

言われるつど、どにちは「どうしてですか?」と聞き返していました。


指示の深意を知ることできっちりオーダーに答えられると思ってのことでしたが、

どにちの聞き方が悪く、フニには反発されてると思わせてしまったようで……

制作初期はいろんなすり合わせにちょっと苦労がありました(猛省)




とはいえそんなこんなで、今ではお互いに意図の言語化にも慣れて

サークル内の意思疎通は円滑です。



それでも、


「こうで、ああで、こういう理由でルネのメイちゃんやシュヴァヒスのリリィ姫は

 ふたなりになるしか無いんや!!! それが論理的な帰結なんや!!!」


なんて会話があったり。


当人としてはいたって真面目にロジカルな結論を導いていても

傍目には「理屈はもっともだけど、そうはならんやろ」と感じる展開になったりで、

理詰めや逆算で工学的にモノを考えいったとしても最後のところで自然と

そのひとの“らしさ”は出てくるのかもしれませんね。


おもしろいっす。






それでは今回はこのへんで!

最新記事

すべて表示

今年はやくも神ゲーに出会う

こんにちは、どにちです。 ふたりぐらしでパイロット版を出すべく2~3月は猛烈集中期間でした。 それも一区切りがついた際、メンバーそれぞれが「とっておいたんだ」と遊びはじめたゲームが示し合わせたようにどれもユニコーンオーバーロードでした。 うーん、シンクロニティ。 でも実はこれ、シンクロでもなんでもなく、単純にすばらしいゲームだからみんなが遊んでるということなんですよね。 おもしれぇ……おもしれぇこ

satori...

基本インドア派のどにちです。 日がなモニタに向かってキーボードをカタカタやるばかりなのですが、2023年は色々とご縁がありまして何度か東京へ行ってさまざまな方とご挨拶したりお食事したりの機会があり、大変おおくの刺激を受けました。 ありがたい! 誰に何を言われるでもなく、人様に自分の考えを話すだけでも「あっ、自分ってこうなんだ」「自分ってこういう考え方をするんだ」などの自覚が進みまして…… はやい話

Comments


bottom of page