top of page

15日までは月初でいいかな!?

こんにちは、どにちです。


これまで『シュヴァリエ・ヒストリエ』の思い出話をしてきましたが……

今回はおしらせすることがいろいろあります。ハッピー🎉


 ◆ ◆ ◆


おしらせその1

前作『シュヴァリエ・ヒストリエ アペンド』のSteam版が出ます!


(あっ、このPVそんな終盤のスチルまでおしみなく見せるんだ……!?)

Kagura Gamesさんに万事お任せしておりますので、お問い合わせや新着情報は、KaguraさんのTwitterをチェックしてください。



DLsiteさんFANZAさんに置いている『シュヴァリエ・ヒストリエ』は現在「完全版」のひとつだけなので、当時の運びを知らない方のために念のためご説明しますと……



原作(日本語版)『シュヴァリエ・ヒストリエ』はまず本編(通常版)がリリースされた後、DLC的な追加コンテンツとして『シュヴァリエ・ヒストリエ アペンド』が別途リリースされ、2本体制となっていました。


アペンド版を通常版へ適用するにもファイル移動だけではなく、バージョンを合わせることも留意しなくてはならずとなにかと煩瑣だったため、既存の本編(通常版)をアップデートするかたちでアペンド版の内容を統合し、元の1本体制になったのでした(アペンド版単体のページは取り下げ)


Steam版(英文・中文版)ではどのような頒布形態にするのかもKaguraさんのご判断にゆだねていたのですが、DLCで本編とは別途リリースというかたちになったようです。



……という具合でした!



もともとこのサイトはPICOPICOSOFTの作品や関連情報をまとめる「ポータルサイト」が必要そうだと考えて建てたものなので、こういう説明をものするのは面目躍如の感がありますね。



 ◆ ◆ ◆



おしらせその2

制作中の新作『ふたりぐらし』のパイロット版が出ました!


お弁当箱をまず用意して、仕切りをおいて白米は詰めた。

さあオカズをガンガン詰めていくぞ!!


……というフェーズに入ったかな、というのが、今回のパイロット版その1をリリースしてのどにちの体感です。


今回はプレイ時間1時間ほどで導入部のお話を体験できるverとなっているのですが、このまま会話やランダム発生する日常イベントのバリエーションを充実させていけば、プレイ可能な範囲(日数)がおなじでもかなり「遊べる」ものになっていくぞ、との手ごたえを得ました。



もともとは7月リリース目標だったのですが、8月末までズレこんだのは進行管理を任された自分の見通しの甘さによるものです。精進します。




他の制作メンバーはめちゃ稼働していました。


ヒロインみおの立ち絵には、着替えバリエが何種類もあるのに全衣装共通のポーズ&表情パターンだけでも100以上の種類を用意してきたり(衣装1種描き出すたびに100超のpngファイルを作成することになる)と、グラフィック担当のフニが今回も尋常でない気張りをみせているのはもちろん。



今回プログラマ担当としてご参加いただいているうちまさんも、パイロット版の発表の前週から膨大な量の修正・調整リストを毎日消化しては最新のゲームのプロジェクトを提出という超人的な早業を毎日つづけてくださっていました。


ありがたや……




どにちがシナリオとシステム(プログラム)を兼任していた前作『シュヴァリエ・ヒストリエ』の時は、どにちの余裕が無かったためにパイロット版や体験版というのもごくごく低頻度/長い間隔をあけての更新となっていました。


当時から本当はもっとこまめに試遊できるモノを出して、ユーザーさんから細かくフィードバックを頂戴したかったんですよね。


『ふたりぐらし』では、前作出来なかったそういった動きも可能になるかもしれません。

いずれにしても、あたたかく見守ってくださいますと幸いです。




 ◆ ◆ ◆



それでは今回はこのへんで!

最新記事

すべて表示

satori...

基本インドア派のどにちです。 日がなモニタに向かってキーボードをカタカタやるばかりなのですが、2023年は色々とご縁がありまして何度か東京へ行ってさまざまな方とご挨拶したりお食事したりの機会があり、大変おおくの刺激を受けました。 ありがたい! 誰に何を言われるでもなく、人様に自分の考えを話すだけでも「あっ、自分ってこうなんだ」「自分ってこういう考え方をするんだ」などの自覚が進みまして…… はやい話

2月ですが

2024年の2月ですが、2023年のどにちの振り返りをします。 前回記事は年始のあいさつでしたしね。 私淑する作家さんは数多いらっしゃいます。 そのおひとり、奈須きのこ先生のブログ「竹箒」では多忙を極める中でも様々な漫画アニメゲームに触れていることがわかり、平身低頭の思いです。 インプットがなければアウトプットはできないと言いますが、インプットするにも気力体力が要るものです。お風呂と同じで、はじめ

謹賀新年

あけましておめでとうございます。どにちです。 Ci-en記事は制作の月報であるのに対して、ここの記事はスタッフのボヤきみたいなもののため 速報性とか季節感とかは薄くて良いみたいなところがあります。 要するにこのブログの記事は、どにちのブログパワーが溜まった時に エイヤと書き溜めてから予約投稿していることが多いのです。 この文章を実際に書いているどにちはまだ去年の時空に居ながら 「あけましておめでと

bottom of page