top of page

謹賀新年

あけましておめでとうございます。どにちです。


Ci-en記事は制作の月報であるのに対して、ここの記事はスタッフのボヤきみたいなもののため

速報性とか季節感とかは薄くて良いみたいなところがあります。


要するにこのブログの記事は、どにちのブログパワーが溜まった時に

エイヤと書き溜めてから予約投稿していることが多いのです。


この文章を実際に書いているどにちはまだ去年の時空に居ながら

「あけましておめでとうございます」と新年の皆様にご挨拶しているわけですね。

ナンノコッチャ。


とにもかくにもあけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。


  ◆  ◆  ◆


去年の1月ブログでも同じことを言っていましたが、

今年の抱負も「今年も『ふたりぐらし』製作がんばっていくぞー! オー!」です。



Ci-enでの『ふたりぐらし』情報の初出が2022年2月なので、

2022年1月にはもう制作が始まっていたとすると

現時点(2024年1月)で丸2年が経過したことなります。


作っているこちらも楽しいばかりでなく、キツさを感じる瞬間もありますが、

楽しみにお待ちくださり、見守ってくださっている皆様も

同様に焦れたりなんだりのお気持ちがあろうかと思います。



制作の折り返し地点は過ぎ、後半戦に入っているのは確か。

今しばらくお付き合いいただけますと幸いです……!

最新記事

すべて表示

い~つまでも~たえる~ことなく~

こんにちは、どにちです。 小学生の時は1つ2つ上の学年の先輩たちがとても大人に思えました。 20代、30代とさらに上の年齢の大人たちは、もっともっと成熟した人たちなのだと思っていました。 いざ自分がそういう年齢になってみると、子供の時とあんまりメンタリティは変わった気がしないものでした。 そういうわけで、今の自分から見ても50代とか60代というのはとても大人に感じられるのですが、なってみればやっぱ

今年はやくも神ゲーに出会う

こんにちは、どにちです。 ふたりぐらしでパイロット版を出すべく2~3月は猛烈集中期間でした。 それも一区切りがついた際、メンバーそれぞれが「とっておいたんだ」と遊びはじめたゲームが示し合わせたようにどれもユニコーンオーバーロードでした。 うーん、シンクロニティ。 でも実はこれ、シンクロでもなんでもなく、単純にすばらしいゲームだからみんなが遊んでるということなんですよね。 おもしれぇ……おもしれぇこ

Commentaires


bottom of page