top of page

謹賀新年

あけましておめでとうございます。どにちです。


Ci-en記事は制作の月報であるのに対して、ここの記事はスタッフのボヤきみたいなもののため

速報性とか季節感とかは薄くて良いみたいなところがあります。


要するにこのブログの記事は、どにちのブログパワーが溜まった時に

エイヤと書き溜めてから予約投稿していることが多いのです。


この文章を実際に書いているどにちはまだ去年の時空に居ながら

「あけましておめでとうございます」と新年の皆様にご挨拶しているわけですね。

ナンノコッチャ。


とにもかくにもあけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。


  ◆  ◆  ◆


去年の1月ブログでも同じことを言っていましたが、

今年の抱負も「今年も『ふたりぐらし』製作がんばっていくぞー! オー!」です。



Ci-enでの『ふたりぐらし』情報の初出が2022年2月なので、

2022年1月にはもう制作が始まっていたとすると

現時点(2024年1月)で丸2年が経過したことなります。


作っているこちらも楽しいばかりでなく、キツさを感じる瞬間もありますが、

楽しみにお待ちくださり、見守ってくださっている皆様も

同様に焦れたりなんだりのお気持ちがあろうかと思います。



制作の折り返し地点は過ぎ、後半戦に入っているのは確か。

今しばらくお付き合いいただけますと幸いです……!

最新記事

すべて表示

satori...

基本インドア派のどにちです。 日がなモニタに向かってキーボードをカタカタやるばかりなのですが、2023年は色々とご縁がありまして何度か東京へ行ってさまざまな方とご挨拶したりお食事したりの機会があり、大変おおくの刺激を受けました。 ありがたい! 誰に何を言われるでもなく、人様に自分の考えを話すだけでも「あっ、自分ってこうなんだ」「自分ってこういう考え方をするんだ」などの自覚が進みまして…… はやい話

2月ですが

2024年の2月ですが、2023年のどにちの振り返りをします。 前回記事は年始のあいさつでしたしね。 私淑する作家さんは数多いらっしゃいます。 そのおひとり、奈須きのこ先生のブログ「竹箒」では多忙を極める中でも様々な漫画アニメゲームに触れていることがわかり、平身低頭の思いです。 インプットがなければアウトプットはできないと言いますが、インプットするにも気力体力が要るものです。お風呂と同じで、はじめ

ウホウホ、ウホホ?

こんにちは、どにちです。 突然ですがPICOPICOSOFTはゴリラみたいなサークルなので、 ふつうの意味での仕様書とか企画書とかは存在しません。 いきなり作り始めてあーでもないこーでもないとガツンガツン叩いて直します。 ウホウホですね。 ある程度モノができてきたら、声優さんとかにお手伝いをお願いする段階で 企画の説明のために後付けで企画書をつくり始めます。 なんか逆なんですけども。 いくら事前に

bottom of page