top of page

GW……とは……?

ひっそり月イチ更新を続けたい。どにちです。


さいきんはフニ主導企画『ふたりぐらし』の細かい会話パターン出しや、地の文が必要な箇所について軽く打ち合わせています。

実際に動き出せば自分も100~200パターンからの執筆量になりそうですが、『シュヴァリエ・ヒストリエ アペンド』のデートパートを乗り越えた後では余裕だぜ! という楽観も働きますが、初挑戦のジャンルですから、いざやってみると様々な気づきがあって迷いながらも楽しく進行することになるのかなーと思っています。



ちなみに『シュヴァリエ・ヒストリエ』本編の時のどにちはPICOPICOSOFTへの正式参加直後。

『ルネズファーマシー』以降のいくつかのフニの構想を再構成する形で「まずは試しに短編~中編ぐらいのものを作ってみましょうか」というノリで開発を始めました(それが気付くとアペンドを作るまでの規模に膨らんだのです!)。



当事、「新入りのテキスト&組み込み担当があまり自己主張してもな……」とビビりながらの制作だったため、随所に遠慮が出ていました。特にテキスト量で顕著ですね。


が、リリース後に「もっとテキストを読みたかった」という旨のお声を多数頂戴し、

たいへん驚喜したものです。ありがとうございます!

Steam版『シュヴァリエ・ヒストリエ』でも翻訳機頼りでレビューを読ませていただいていますが、やはり同様のお声が多く、Kagura Games様にお任せした『アペンド』がお返事となれば幸いです。




また、海外の皆様からのレビューでも、主人公ジャンヌ以外のキャラへの言及はメドラウドが目立ちますね。


『シュヴァリエ・ヒストリエ』のシナリオ初期案についてフニからの要望はほとんど無かったのですが、唯一「敵ボスの中にも1~2名は仲間や攻略対象になる余地を作って欲しい」といった意味のことを言われた結果、メドラウドとダンテがあのようなキャラとなりました。


正義の少女騎士なジャンヌと敵対するけど和解の可能性がある……となれば、「悪を以って正義を為す」存在。ダークヒーローやクライムファイターといったキャラクター、そうだ! バットマンだ! とどにちは安直に連想しました。


というわけで、直接的にオマージュした要素があるわけではないのですが、メドラウドのキャラ構想にはなんとなーく念頭にバットマンが居たのです。先日、映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』を見ながら、そんなことをふと思い出したのでした。


実際に書き始めていくと、名前は円卓の騎士モードレッドの別読みから採ってきたり(あちらも原典からしてドラマチックな人物造形ですよね)、主軸であるジャンヌとリリィの物語に合わせて調整を駆けたりで幾多の変遷があり、『アペンド』で再度とりあげた際にもいろいろと背景が厚くなりました。



ダンテについても別の機会で触れるのもいいかもしれませんね。


それでは!

最新記事

すべて表示

い~つまでも~たえる~ことなく~

こんにちは、どにちです。 小学生の時は1つ2つ上の学年の先輩たちがとても大人に思えました。 20代、30代とさらに上の年齢の大人たちは、もっともっと成熟した人たちなのだと思っていました。 いざ自分がそういう年齢になってみると、子供の時とあんまりメンタリティは変わった気がしないものでした。 そういうわけで、今の自分から見ても50代とか60代というのはとても大人に感じられるのですが、なってみればやっぱ

今年はやくも神ゲーに出会う

こんにちは、どにちです。 ふたりぐらしでパイロット版を出すべく2~3月は猛烈集中期間でした。 それも一区切りがついた際、メンバーそれぞれが「とっておいたんだ」と遊びはじめたゲームが示し合わせたようにどれもユニコーンオーバーロードでした。 うーん、シンクロニティ。 でも実はこれ、シンクロでもなんでもなく、単純にすばらしいゲームだからみんなが遊んでるということなんですよね。 おもしれぇ……おもしれぇこ

Comments


bottom of page