top of page

おしらせ+α

こんにちは、どにちです。

ひっそり始めたばかりのサイトへのご訪問、ありがとうございます(前回の記事へのいいねも!)

ときどき、チビチビと、埃を払うようにブログも動かして参ります。



■おしらせ1

近作『シュヴァリエ・ヒストリエ』は今年2月末、Kagura Games様のローカライズ&パブリッシングでSteam版リリースとなりました。

あちらでも世界中の方々にお楽しみいただけているとのことで恭悦至極に存じます。

ありがとうございます!


DLsite様などに置いているオリジナル版とはverも離れており、そもそも「アペンド版の内容は?」という点で多数のお問い合わせもいただいておりましたが……




というわけで、『シュヴァリエ・ヒストリエ アペンド』もKagura Games様にお願いすることとなりました。


リリースの時期や形態などは進展があり次第、Kagura Games様から発表があると思います。おまちくださいませ。



■おしらせ2

PICOPICOSOFTは現在、サークルメンバー・フニ主導の企画『ふたりぐらし』を制作中です。


おそらく月イチのペースでCi-enにて情報発信をしていくものと思います。





どうぞよろしくお願いいたします。

なにげに初の現代モノですね。


また、こちらの企画、すでに多くの方のお力をお借りしながら進行しておりますが、まとまった形での各々方のご紹介はいずれ時機を見てきちんとさせていただければと考えております。



わたくしどにちは時折テストプレイをさせてもらって「あれもほしい! これもほしい!」とワガママを言わせてもらう気楽なかかわり方をしています(もうちょっと進んだら細かいテキストの調整にお呼ばれする気配)




■余談

『ふたりぐらし』はフニが主導の企画として、ではどにちはなにをやっているのか、ということになりますが、このサイトの準備やKagura Games様とのやりとりなどを進めつつ、また別の企画を頭の中で練っているところです。


フニから「こういうのやりたい」と渡されたワンアイディアに少し肉付けして「こんなふうにしてみます?」と返す……という日ごろのキャッチボールの中で特に手ごたえのよかったものを大事に育てている感じですね。

水面下で過ごす時間がとても長くなりそうな企画です。



もとよりPICOPICOSOFTは数年に一本というローペースなサークルです。

ゆっくりじっくり、お付き合いいただければ幸いです。



それでは!

最新記事

すべて表示

映画先輩

こんにちは、どにちです。 2023年11月「ゲームはリアルになっていく」という記事で、コンシューマーのゲームの流れのひとつは、映画に迫る大作化・リアル化なのだろうなー といったお話をしました。 映画は総合芸術――絵とか音とか文字とかのあらゆる表現媒体を結集させて作る超高密度の情報なわけですが、その意味ではゲームもおなじく総合芸術と考えられますね。 とはいえ、Wikipediaの「映画史」によれば映

い~つまでも~たえる~ことなく~

こんにちは、どにちです。 小学生の時は1つ2つ上の学年の先輩たちがとても大人に思えました。 20代、30代とさらに上の年齢の大人たちは、もっともっと成熟した人たちなのだと思っていました。 いざ自分がそういう年齢になってみると、子供の時とあんまりメンタリティは変わった気がしないものでした。 そういうわけで、今の自分から見ても50代とか60代というのはとても大人に感じられるのですが、なってみればやっぱ

今年はやくも神ゲーに出会う

こんにちは、どにちです。 ふたりぐらしでパイロット版を出すべく2~3月は猛烈集中期間でした。 それも一区切りがついた際、メンバーそれぞれが「とっておいたんだ」と遊びはじめたゲームが示し合わせたようにどれもユニコーンオーバーロードでした。 うーん、シンクロニティ。 でも実はこれ、シンクロでもなんでもなく、単純にすばらしいゲームだからみんなが遊んでるということなんですよね。 おもしれぇ……おもしれぇこ

Comments


bottom of page