top of page

ついに(2)

先月記事と同じタイトルですが、今回の「ついに」は、

このピコソフサイト1周年にかかる「ついに」です。



時間が経てば自動的に訪れるものなので、

あんまり騒ぐようなことでもないのかもしれませんが

11カ月の間、サイトのトップが生まれたて赤ちゃんサイトのような表示だったものを

ついこのあいだ、こっそりと修正しました。



なるほど……

これがサイトのメンテナンスか……




このサイトも動きが無くともちょいちょい見に来てくださる方が

いらっしゃるようで、大変ありがたいですね。


制作関係のメインのおしらせはCi-enでやっていますが、

本来は広告宣伝費を組んでいろんな人に「見ていただく」情報発信なのに

このサイトやCi-enのどちらの場合でも

「記事を書いたよー!」でたくさんの方が読みに来てくださるのは

とても嬉しく、気の引き締まることです。



  ◆  ◆  ◆



さて定番になりつつあるどにちのわたくしごとコーナーですが、

いまは数奇な運命に導かれて人生2回目の作詞に取り掛かっています。


詳しくは先月2023年2月ぶんのCi-en記事(プラン範囲)に書いたのですが、

とにかく、粗削りでも作品のことをいちばんよくわかっている

ポジションの人間が担当するのがよいだろう――という点でフニと合意がとれ、

該当するフニとどにちのうち、

テキスト担当のどにちが引き受けることになったわけですね。


前作『シュヴァリエ・ヒストリエ』の時にも

おなじようにして自分が主題歌の詞を担当し、

一応の経験・実績もあると言えたので。



自分の作詞担当者としての能力のほどはわかりませんが、

キチンと調べるとただポエムを書けばいいわけではなく

そこには無数のメソッドや技術があることがわかってくるので

楽しめて作業にかかることができています。


ゲームを作るときも、テキストを書くときも

無数の要件で囲い込まれた中でのパズルゲームのように

モノを考える方が好きなので。

ひらめきとか霊感とかそういうのは働かないタイプなんですね自分。

堅実志向。



ちなみに、前作作詞のときに大いに参考にしたのが

『ファイアーエムブレム 風花雪月』の主題歌「フレスベルグの少女」でした。

こちらも作詞を同作ディレクターの方がやっていらっしゃるんですね。


ゲームを一通り遊び終えると詞の示すところも明瞭に立ち上がってきて、

作品の全体を把握している人にしかなしえないものだなぁ、と強く感動したのを

今でもはっきりと覚えています。




それでは今回はこのへんで!


最新記事

すべて表示

映画先輩

こんにちは、どにちです。 2023年11月「ゲームはリアルになっていく」という記事で、コンシューマーのゲームの流れのひとつは、映画に迫る大作化・リアル化なのだろうなー といったお話をしました。 映画は総合芸術――絵とか音とか文字とかのあらゆる表現媒体を結集させて作る超高密度の情報なわけですが、その意味ではゲームもおなじく総合芸術と考えられますね。 とはいえ、Wikipediaの「映画史」によれば映

い~つまでも~たえる~ことなく~

こんにちは、どにちです。 小学生の時は1つ2つ上の学年の先輩たちがとても大人に思えました。 20代、30代とさらに上の年齢の大人たちは、もっともっと成熟した人たちなのだと思っていました。 いざ自分がそういう年齢になってみると、子供の時とあんまりメンタリティは変わった気がしないものでした。 そういうわけで、今の自分から見ても50代とか60代というのはとても大人に感じられるのですが、なってみればやっぱ

今年はやくも神ゲーに出会う

こんにちは、どにちです。 ふたりぐらしでパイロット版を出すべく2~3月は猛烈集中期間でした。 それも一区切りがついた際、メンバーそれぞれが「とっておいたんだ」と遊びはじめたゲームが示し合わせたようにどれもユニコーンオーバーロードでした。 うーん、シンクロニティ。 でも実はこれ、シンクロでもなんでもなく、単純にすばらしいゲームだからみんなが遊んでるということなんですよね。 おもしれぇ……おもしれぇこ

コメント


bottom of page